#178 帰国して

Sep. 14, 2017

だいぶ更新が滞っていて、自分でもびっくりしました。

「letters(このブログページ)いつも楽しみにしています」と言われるたびにどきどきしてました。
初心に戻って、誰かに手紙を書くような気持ちで、もう少しちゃんと更新したいと思います。

ちょうど1ヶ月前に帰国しました。
今年もウガンダと、初めての国カメルーンにも足を運びました。
とてもよい経験になりました。
これから少しずつ、感じたことをまとめたいと思っています。

去年から始めたプロジェクト「cinema stars アフリカ星空映画館」、
いろんな方のお力を借りて、今年も大盛況でした。
まだ子どもたちのころころした笑い声が頭の中に残っています。

このアフリカでの移動映画館プロジェクトのことを中心に、
スタジオジブリの小冊子「熱風」に取材していただきました。
25ページにもわたるロングインタビューです。

インタビューでは、本当に自然に出た言葉たちなので足りないところも多々あったはずなのですが、取材してくださったライターさんと編集部の方たちがていねいに拾い、紡いでくれた特集ページとなりました。

改めて、お礼申し上げます。ありがとうございました。

本音をいうと、ジブリの広報誌に出られるなんて夢のようなできごとです。
「夢だけど、夢じゃなかった」というセリフが思い浮かびます。
家宝にします。

以下の書店で無料配布しているので、ぜひお手に取ってください。
http://www.ghibli.jp/shuppan/shoten/

さて、次回からはカメルーンとウガンダでのことを少しずつ、
写真とともにアップしていきたいと思います。

IMG_0816.jpg

2017, Cameroon


今回の旅での、最初のカット。
カメルーンに到着したのは3:00am。

その後、滞在中ずっと雨に泣かされることになるのですが
この写真を撮った瞬間は、雨にさえわくわくしていました。