#141 てのひら

May. 27, 2014

久しぶりに熱を出した。

体がふわふわしていて、なんだか仕事にも集中できないなーと思っていたら
風邪だった。そういえば、最近忙しくて寝不足だったかも。

仕事は前倒しで進めているのでなんとかなりそう。
家事は、夫が早めに帰宅してくれて助かった。
どうにもならないのは、子どものこと。

「おかーさん、本よんで」
「おなかすいたー」
「お茶こぼしちゃった」

「おかあさん、ちょっとねつがあるから、休ませてね」
と言うと、うん、とうなずいたかと思ったら、
兄弟ふたりで家中を走りまわって、たたかいごっこ。

ふとんにくるまって、子どもたちのにぎやかな声を聞いてたら、
なんだか笑えてきた。
うるさいなあ、でも、ひとりじゃないっていいなあ。
日常の中の小さな非日常は、大事なことに気づかさせてくれる。

走って汗をかいた息子たちが、小さなてのひらを私の額にのせて
「おかーさん、ねつあるね」
「うん。おかーしゃん、ねちゅ、ある」
と、心配そうに私を見ていた。
そのてのひらから伝わってくる体温で、風邪も治りそうな気がした。


今は熱もさがって、だいぶ元気になってきた。
夫にお礼のお花でも買いに行こう。
息子たちにはケーキを焼いてあげよう。



IMG_8193.jpg