#100 刻む

Mar. 9, 2012

最近、アフリカの友人たちとよくチャットする。

フェイスブックにログインしたら必ずアフリカの誰かから
「hey」とメッセージが飛んでくる。
そこから他愛もない話をしたり、現地でのプロジェクトの進捗を確認できたりして、
アフリカがまた近くなったなあ。
大きなマンゴーの木陰で、友達とおしゃべりしているみたいな気分。

とても便利な世の中になったけれど
もうこれぐらいでいいんじゃないかな、と思う。

アフリカの友人たちとのチャットも、むこうの断続的な停電で
20分もすれば突然途切れたり、「バッテリーがないからまたね」。
これぐらいでちょうどいいような気がする。

みんなが同じことをする必要はないし、基準はそれぞれだけど
私はもう少し不便な生活でもいいかもしれないと思う。
アフリカと日本を行き来してずっと感じていた違和感が
最近やっと、すっきりしてきた。

***

あれからもうすぐ1年。
あの日のこと、それ以降のことを心に刻んで
この愛すべきふつうの毎日を大切にすごしたい。

食べるもの、住む場所、自分にできること、
各個人で考えて判断しなければならないことが増えてしまったけど
そこからまた別の生き方の可能性が広がっていけばいいなと思う。

そして、今も大変な状況にいる人たちのことを
想像することをあきらめたくないと思います。



6509.jpg