#96 雪の日

Jan. 20, 2012

今日の東京は雪。

うれしくて、何度も外に出る。
次男がすべってころんでびしょぬれになる。
長男は雪だるまづくりに挑戦するけど、水分が多すぎてむずかしいみたい。

雪の結晶が、私のニットに、子供たちの髪の毛に降ってくる。
その繊細な雪のかたちをじっくり見たくて
てのひらにのせると、すうっと溶けてしまう。

きれいだね
ちっちゃいね

息子たちとそう言い合って、ふと気がつく。
長男の手の「くぼみ」がなくなっている。

それは私の大好きな「くぼみ」。
手の甲の、指のつけねにある小さなくぼみ。

たしかめてみると、次男の手にはまだある。
でも長男のはなくなっていた。
赤ちゃんぽくて好きだったのにな。

こうやって少しずつ成長していく子どもたち。
同じ日は2度とない、かけがえのない毎日。

雪がふっていつもと少しちがう景色を見ていると、
大切な本にそっとしおりをはさむような気持ちになりました。




7070.jpg


お昼寝中の女の子。セネガルにて。
(この子の手にも「くぼみ」があります。かわいいな)