#56 チャイチャック

Feb. 3, 2010

なんだか春のにおいがする。

と思ったら、昨日買ってきて活けた、花の香りだった。
花の名前はわからないけど、白やピンクのかわいいお花で
部屋中が野原のにおいでいっぱい。


今日はちょっとのんびりしている。
友達がうちに遊びにきて、息子とたくさん遊んでくれたので
息子はぐっすり眠っている。ありがとう。

今のうち、と久しぶりにミルクティをいれる。
妊娠中なのでカフェインは控えているけどたまにはいい。と思う。


ミルクティはアチョリ語で「チャイチャック」。
「チャイ」はお茶、「チャック」はミルク。
ミルクでいれるお茶、の意味。
ちなみにふつうの紅茶は「チャイピー」。
水が「ピー」なので、水でいれるお茶、の意味。

赤ちゃんがお母さんのおっぱいを飲むときの音が
チャックチャックチャックチャック・・・ということで
ミルクは「チャック」なのだそうだ。

久しぶりのミルクティは驚くほどおいしい。
でも本当は、アフリカの絞りたてのヤギのミルクで作る
チャイチャックがいちばん好きだ。


ミルクティを飲みながら、仕事の原稿を書く。
お花のにおいと書きかけの原稿と、おいしいお茶。
なんだかそれだけでしあわせな気分になる。
仕事をするのは、とても好きだ。
取材した人の魅力を文章の中で再現することは、なかなかむずかしいけど、
その作業は、その人ともういちど対話しているようで楽しい。

気分転換に、昼寝している息子をのぞいてみたら
さっき食べたいちごのにおいがした。
素直に、かわいいなあと思う。

そんな午後をすごしていたら、
どうでもいいことでちょっとけんか気味になっているウガンダの友達に
素直に謝ろう、と思った。
甘いチャイチャックを飲みながら、よく一緒に午後をすごしたなあ。
チャックというアチョリ語をおしえてくれたのも彼だった。

くだらないことで怒ってごめん、とメールしよう。


お昼のパスタに使った葉の花がまだあるから
夜のぶんに、おひたしを作っておこう。


春になったら家族で小さな旅行に行きたいな。


チャイチャックは、気持ちもあったかくしてくれたみたいだ。

01.jpg

大好きなウガンダの景色。