#53 探す旅

Jan. 20, 2010

やっと、つわりから復活した。

年末年始にかけて、つわりがピークでした。
食べているはずなのに体重は減るばかりで。
24時間ひどい船酔いの気分でした。

今週あたりから少しずつ「あれ、今ちょっと楽かも」という時間が増え
船酔い気分も24時間から12時間ぐらいになって、しあわせです。

ああ、健康ってすばらしい。つわりは病気ではないけれど。
改めて、ふつうの毎日に感謝。


最近読んでおもしろかった本。
『親指ピアノ道場!〜アフリカの小さな楽器でひまつぶし』
著者は親指ピアニスト、サカキマンゴーさん

内容は、親指ピアノを探す旅の話や、楽器のつくりかたなどから
親指ピアノの弾き方や楽譜までついていて(マニアック!)、
おもしろくてあっというまに読み終わりました。
一緒に旅をしているような気分になる本でした。
その中の一節。

***

10年以上前の旅の途中、世界遺産のキルワ・キシワニ(タンザニア)やアンコール(カンボジア)に立ち寄った。朽ち果てるがままに等しいキルワ遺跡の中、サッカーを楽しむ子供たちの日常や主婦たちが干す洗濯物の原色に魅せられ、アンコールでは栄華を誇った石造りの建造物の隙間を拡げ破壊しながら成長する樹木の生命力に熱くなった。

私が「探す旅」を続ける第一の理由は、知らない弾き方を学びたいという好奇心にあるが、第二には、ひまつぶしの使命を終えて親指ピアノが消える過程の美しさを見たいからなのかもしれない。 
(あとがきより)

***

そのマンゴーさんが来月、親指ピアノを探しにウガンダに行くという。
どんな報告がきけるか、楽しみです。

あ、あさっての夜、マンゴーさんのライブが東京であります。私も行きます。
ライブはかなりいいのでおすすめです。
詳しくは→ http://sakakimango.com/concert/000548.html


マンゴーさんのように、なにかに夢中になって、それを探す旅というのは
なんだかいいなあと思う。

私も何かを探しに、旅をしたくなりました。

1-a.jpg

どこまでも広がる大地に雲の影が落ちる。
こんな景色を見ると、もう、どこへでも行けそうです。
ケニアのグレートリフトバレー。