#10 ウガンダ内戦、その後

May. 11, 2009

20年以上続いていたウガンダ北部の内戦。
最近はゲリラ軍の勢いもなくなり、現地は落ち着いてきた。
平和を取り戻しつつある。

でも。
ウガンダ北部でゲリラ活動をしていたLRAは
今度は隣国コンゴで同じようなことをしているそうだ。

詳しくはソトコト6月号「世界遺産で戦う子どもたち」に載っています。
http://www.sotokoto.net/sotokoto/

しっかりした記事で読み応えがあります。
ウガンダ内戦のすべてがわかります。


この記事を書いたのは、ジャーナリスト下村靖樹さん。
むかしからとてもお世話になっていて、尊敬するアフリカの先輩です。
すごい人です。

なにがすごいかって。

それは、下村さんのアフリカにまつわるトラブル話がおもしろすぎるのです。

いや、おもしろがってはいけないのかもしれません。
時には生命の危機にさらされるようなトラブルもあるので。

でも、毎回そのトラブルを乗り越えて、アフリカでしっかり取材して無事帰国するのです。
悪運が強いというかなんというか、きっとアフリカに愛されているのですね。

特に現地からのブログがおもしろいので、おすすめです。
http://www.realtime-press.com/blog/


いやいや、
おもしろいだけじゃないです、下村さん。

日本では日本の生活をしながら、
アフリカではアフリカの生活をしっかり見て取材する。
そしてそれをコツコツ発信し続ける。

それをもう15年?もっとですか?続けている人です。
これからもがんばってください!


私の大親友エマは、下村さんのウガンダでのビリヤード仲間でもあります。
エマは今年、ふたりめの娘が生まれ、
ウガンダ北部での子どもたちへの奨学金事業を切り盛りし、
そして、国会議員に立候補する。

今年こそ当選しますように。


エマと奥さん。いつでもラブラブです。

kampala1466-29.jpg